2015年2月占い夢診断をしなくてもどこかしら頭の片隅に残ってしまうものです

失恋する可能性を示す予知夢を例にしましたが、まだほかにも失恋を予感させる夢はあります。なにか意味を感じる夢に遭遇したら、夢診断をしなくてもどこかしら頭の片隅に残ってしまうものです。
自分で自分に向けて注意を向けさせるのが夢なので、それを読み込んでいくことで自分の置かれた状況などがわかってくるものです。注意を引かれた夢は記憶になる限り紙や携帯に記しておき、できれば早めに占いの専門家に鑑定してもらいましょう。
を使った占いなら、夢が伝える近い未来に起こることを理解できます。
またスピリチュアルカウンセリングなら、ぐるぐると考えてしまっていることがどんなことなのか解決につながります。スピリチュアル系の占いによっても、何に対して訴えているのかはっきりさせてくれます。
ここをふまえて四柱推命生年月日起こらないようにできるものは、どうしたらいいのか忠告ももらえます。結末を変えられるでしょう。
夢を通して現在のことを表しているのかそのうち起こることを予期しているのかどちらなのかで処置も違ってきます。
それ以外にも避けるべきなのか、そのままでいいのかという二択もあります。占いによって、夢が伝えたいことを無駄にしません。
ついでに言うと、「失恋を連想させる夢」や「別れのイメージがある夢」はいい予知夢でもあります。
ビジュアルによって異なってきますので、気分を落とさないで何を伝えているのか占い師に見てもらいましょう。気持ちよく見ていた夢でも、悪いことの前触れかもしれません。

関連記事